榎木孝明さん30日間「不食」生活中18日終了。


ギリシャの風に吹かれて

俳優の榎木孝明さんが2015年5月20日から続けている『不食』生活を6月18日で終了する。絶食・断食・不食は食べ物を口の中に入れないという行為は同一である。しかし、メンタル面では趣が違い、絶食はダイエットや健康面での食事調整という意味合いが強く、断食は宗教的な要因が大きい。一方、不食では食欲と戦わずして食べない行為というのが大きな特徴である。

さて、今回の不食によって体重は9キロの減った榎木孝明さん。我々の常識では30日間、固形物を食べないと骨と皮だけになってしまうイメージが強く、9キロの体重減と言われても、

「それだけで済んだの?。」

というのが僕の大きな印象でした。食事をしないので体重が減ったり、コレステロール値が下がったり血液の状態よくなりそうではありました。その中でも一番興味津々だったのが、体質改善。というのも、不食以外でも絶食、断食経験者の中には、食事を断った後の体調の良さを証言される方って多いじゃないですか?。

仮に、一週間食事を取らなければ体調が10歳若返るのなら、僕だったらやってみたいです。正直な話、数値よりも実感が凄く欲しいです。

榎木孝明さん曰く、

  • 集中力が増し
  • 本を読むスピードが格段に速くなり
  • 睡眠も深くなり
  • 4時間眠ればすっきし
  • 腰痛も消えた。

一ヶ月で体の中が浄化されたかのようなコメントに、やはり、暴飲暴食はダメだよね・・・って気になっています。中でも

睡眠時間4時間でスッキリ

というのは僕にとっては魅力的なフレーズでした。「不食」に影響されたわけじゃありませんが、僕も先週から一日一食生活というのを始めています。理由は簡単、財布の中でリーマンショックが起きたからですwww。それで、夕飯だけの生活を余儀なくしています。

最初は空腹過ぎて地獄の生活ではと思っていましたが、飢えとの戦いは3日ほどで克服出来ました。でもやっぱり腹は減るので水だけは浴びるほど飲んでました。それでも僕の胃袋は何とか夜までもつものだと感心しています。

こんな馬鹿げた生活も数日で終わりますが、体調は若干良くなった実感はありました。特に目の疲れも楽になったし、顔の筋肉が柔らかくなりました。怒ったり笑ったりする表情が豊かになったと書いた方が分かり易いですかね?。以前よりも喜怒哀楽が小さくなった気がするので、主に愛想笑いで豊かな表情が出せるようになったのが正解ですwww。

また、同時進行で禁煙の実施も功を奏したかも知れません。食事への資金が尽きているのですから、煙草への資金投入はあり得ませんわね。

兎にも角にも、今の僕の体の中は水道水で出来ていますwww。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク